注目ブランドのギフト ソニースティット / スティットパウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付) ジャズ
注目ブランドのギフト ソニースティット / スティットパウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付) ジャズ
fk469norKuFIRUY1-17635
1,155円 1,650円
スティット、パウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付)
ソニー·スティット
スティット ソニー すてぃっと そにー

 発売日 : 2016年8月24日
 種別 : CD
 JAN : 4988031165973
 商品番号 : UCCO-5536

【商品紹介】
パウエルとのスリリングなカルテット録音と、J.J.との共演による覇気漲るクインテット録音を収めた、スティットのビバップ名演集。

【収録内容】
CD:1
1.神の子は皆踊る(MONO)
2.ソニー·サイド(MONO)
3.バッズ·ブルース(MONO)
4.サンセット(MONO)
5.ファイン·アンド·ダンディ(テイク1)(MONO)
6.ファイン·アンド·ダンディ(テイク2)(MONO)
7.ストライク·アップ·ザ·バンド(MONO)
8.アイ·ウォント·トゥ·ビー·ハッピー(MONO)
9.恋のチャンス(MONO)
10.アフターヌーン·イン·パリ(テイク2)(MONO)
11.エローラ(テイク2)(MONO)
12.ティーポット(テイク2)(MONO)
13.ブルー·モード(テイク1)(MONO)
14.ブルー·モード(テイク2)(MONO)
15.アフターヌーン·イン·パリ(テイク1)(MONO)(ボーナス·トラック)
16.エローラ(テイク1)(MONO)(ボーナス·トラック)
17.ティーポット(テイク1)(MONO)(ボーナス·トラック)

サキソフォンコロッサス / ソニーロリンズ

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

ブーツ 子ども 梅雨 長ぐつ ジュニア レイン 長靴 可愛い春と夏の新作 子

リヒトラブ クリヤーポケット A5S 20穴 1組=10枚 グレー N-2010

 

注目ブランドのギフト ソニースティット / スティットパウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付) ジャズ

大抵、記事内で否定的な意見をつぶやいている数名のTwitterが引用されているのだけど、正直、特に大勢の批判が殺到している様子もない。では、なぜ殺到していないにもかかわらず「批判殺到」というタイトルにするのかというと、皆さんご存じの通りで、PV稼ぎが目的だったりする。

クリプトンフューチャーメディア公認 初音ミク V4X 徹底攻略ガイドブック 調声からDAWでの曲

釣りタイトルと聞くと既にブームは去ったようだが、一時期バカのひとつ覚えのように使われていた「ノーバン」を思い出す。今でもgoogleで「ノーバン」でニュース検索すると山のように出てくるが、いくつか例を挙げると・・・・

 

【動画】激萌え…春麗コスでノーバン、180°開脚、側宙も 韓国の始球式番組で優勝した美少女は誰だ?(1/2ページ) - 産経WEST

ファーファ 洗濯用 液体 洗剤 ベビー フローラル 詰替 (810ml) 6個 セット 固形 洗剤 ランドリースクラバー (お試し 75g)

HD1080Pウェブカメラ 30fps 200万画素 110広角 三脚スタンド&盗撮防止カバー付

 

 

(お取り寄せ) 増井哲太郎:混声合唱とピアノのための平行世界飛行ねこの沈黙/(合唱曲集 混声

これは「ノーバン」が「ノーパン」に見える空目を利用してクリックさせてPVを稼ぐ手法で、本当は始球式で投げたボールがノーバウンドでキャッチャーまで届いたことなどどうでも良いのだ。とはいうものの私も初期の頃はついついクリックしてしまって「またやられた〜」と苦い思いをしたものだ。まさかノーパンで始球式なんてやるわけないのにね・・・男って悲しい生き物だな(笑)

 

注目ブランドのギフト ソニースティット / スティットパウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付) ジャズ

話が逸れたが、いまやこの「ノーバン」的な使われ方をする「批判殺到」という言葉に少なくともインターネット上では本来の重みはなくなってしまったと言っても過言ではないだろう。本当に批判が殺到していたとしても「また釣りだろ」とさえ思えてしまう。PV稼ぎも結構なことだが、こういう煽りばかりの記事を書いているライターは虚しくなったりしないものなのかね。

 

注目ブランドのギフト ソニースティット / スティットパウエル&J.J. +3 (SHM-CD) (解説付) ジャズ

こうしてまた1つの言葉の意味が軽くなってしまったと思うと少々残念な気もするが、時代とともに言葉も変化や進化していくこと自体は自然なことだとも言える。一つだけ確かなことは、もうすぐ50歳になる高齢者予備軍の私にエロなタイトルに釣られないための訓練が必要だということだろう(笑)